【表で解説】バーチャルオフィスのメリット4選

【表で解説】バーチャルオフィスのメリット4選

この記事ではバーチャルオフィスを使うメリットについて表で紹介しています!


メリット詳細
初期費用を抑えられるバーチャルオフィスはオフィスを借りる必要がないので必然的に敷金や礼金もありません。当然ですが保証金の類も必要が無く、金銭的に余裕が出ます。必要に応じてオプションをお願いすることで追加料金も最小限にとどめる事が出来ます。
自宅住所での登記を避けられる起業をして会社を設立すると、登記簿に本店や支店の住所を載せる必要があるわけですが、自宅住所を記入したくないという方が多くいらっしゃいます。

理由としては登記住所は開示請求や名刺からインターネットで検索すれば把握出来てしまうため、特に女性に関してはそういったことはされたくないと思う方が多いからです。

他人に個人情報が漏れてしまう事を防ぐためにバーチャルオフィスを利用しましょう。

自社のブランディング、信頼度の向上バーチャルオフィスであれば月数千円で都内の全国的に知名度のある住所を借りる事が出来ます。ブランド力のある住所を名刺やHPに記載することでブランディングにもなります。

よほど特別な状況ではない限り、資金に余裕がある状態で起業する、というのはなかなか難しいですよね。知名度の高い住所が欲しいと思っても、賃貸オフィスでは初期費用が莫大にかかってしまい現実的ではありません。

あらゆることに柔軟に対応出来るバーチャルオフィスは住所のみ借りるサービスになります。なので仕事場さえ確保できれば色んな事に柔軟な対応が出来るようになります。

例えば自宅を仕事場にした場合あまり天候に左右されず作業を行う事が出来ますし、通勤という概念が無いので始業時間終業時間もフレキシブルにやっていくことが出来るでしょう。