【表で解説】バーチャルオフィスとは?

【表で解説】バーチャルオフィスとは?

この記事ではバーチャルオフィスはそもそも何なのか?というのを解説していきます!


【バーチャルオフィスの詳細】

バーチャルオフィスの基本的なデータ・2006年ごろから日本では普及

・バーチャルオフィス=仮想のオフィスという意味。

・サービス:法人登記用住所を貸し出す、指定住所への郵便物転送、その他オプション(会議室、備品提供など)

・通常起業をするとなると高額な初期費用を投じて賃貸オフィスを借り、リスクを抱えた状態でスタート、というイメージになると思いますが、バーチャルオフィスはその問題を解決し、様々な仕方のない事情でお金をそこまで用意出来ない起業家達に希望をもたらしたサービスであると言えるでしょう。また、時代的な背景もあって仕事をするのに物理的なオフィスは必要ない方にとっても朗報となりました。

バーチャルオフィス利用不可の職種・弁護士・税理士・司法書士、有料職業紹介業、宅地建物取引業 ※中小企業診断士・弁理士・会計士・社会保険労務士は可能

→特定の許認可が必要な上記のような職種は現在バーチャルオフィスでの利用が難しくなっています。

バーチャルオフィスに不向きな仕事・不特定多数の方と面談が多い仕事

→オプションで会議室を使う事も出来ますが、頻度が多くなってしまうとかえってレンタルオフィスよりも料金がかさんでしまう可能性があるからです。バーチャルオフィスを契約して面談などをカフェなどで行う手段も想定されますが、自分は良くてもプライバシー保護の観点から面談相手が不安がるパターンも発生します。出来ればやめた方が良いでしょう。

注意点・犯罪によって汚れた住所と契約しようとしていないか確認

→バーチャルオフィス運営業者の中には相場に比べ格安で貸し出しています。正当な理由もありますが、中には過去詐欺やマネーロンダリング等の犯罪で使われ価値が損なわれてしまった住所を提供しているケースがあるからです。官公庁のデータベースで確認出来る場合があるので利用することをお勧めします。