【表で解説】バーチャルオフィスの注意すべき点

【表で解説】バーチャルオフィスの注意すべき点

この記事ではバーチャルオフィスを契約する前に考えておくべき注意点を紹介しています。少しでもお役に立てれば幸いです。


【注意点】【詳細】
①自分で仕事場を用意する必要があるバーチャルオフィスと契約する=物理的なオフィスとは契約しないということになります。なので自分の仕事場を用意する必要があります。

コワーキングスペース/カフェ/自宅 などがあり、自分のスタイルによって選びましょう。例えば仕事は家ではやりたくない、という価値観の方もいらっしゃると思いますが、そんな方が一念発起して起業をし、初期費用を抑える為にバーチャルオフィスを利用したとしましょう。その場合は自宅作業へと考え方を変えて妥協するか、他の場所でオフィスに相当する何かを見つけなければならないので注意しましょう。

②郵便物が届くまでラグが発生するバーチャルオフィスの代表的なサービスの一つに郵便物転送があります。つまり届いた郵便物を指定の住所に転送してくれるサービスということになります。

例えば週一回の転送が基本的なパターンになりますが、急ぎの返答を求める内容だった場合週1回の頻度では遅れてしまう可能性もありますので、リスクを感じる場面もあるかも知れません。なのでなるべく地理的に近いオフィスを選ぶのも重要なポイントです。