【表で解説】東京進出への鍵はバーチャルオフィス

【表で解説】東京進出への鍵はバーチャルオフィス

この記事ではバーチャルオフィスを利用して東京に進出する事に関する記事です。

特に制約がない限りは商圏は広い方が良いですよね。しかし安易に東京にオフィスを借りてしまうと採用費などで初期費用がだいぶかかってしまうことは予想できますよね。それを避ける為にバーチャルオフィスを利用することをお勧めします。以下表で解説します。


【メリット】【詳細】
商圏を広げられる東京には全国展開している企業がたくさんあります。このことはある種の常識となっており、東京に支店を持つ企業=全国に事業を展開しているイメージになっていますよね。

仮に東京に支店を置くことが出来た場合、現在展開している地元に加えて全国という商圏が見えてきたことになり、幅広い地域からの受注を狙っていくことが出来るでしょう。

イメージアップ/ブランディングバーチャルオフィスを利用して東京の知名度のある住所を持つことは本社のある地元におけるイメージアップに繋がり、自社のアピールもよりしやすくなることでしょう。支店が東京にあることがそのままブランディングになっています。

支店を複数持っていることは業績の良さもそこはかとなく感じて貰えるかもしれません。また、相手からは地に足のついた信頼できる企業だと思ってもらえる事でしょう。

選ぶべきバーチャルオフィスとは住所を優先して検討することから始めましょう。知名度の高いブランド力のある住所を手に入れる事が今後継続的に事業を行っている中で重要になってきます。また、オプションに関して自分の事業内容に沿ったものが揃っているか確認できるとベターだと思います。事前にシミュレーションをするといった事前準備が大切になってきます。

HPである程度内容は掴めると思いますので、不明点があれば実際に見学した際に聞いてみるというスタンスが良いのではないでしょうか。ぜひ自分に合ったオフィスが見つかることを祈っております。